高いけど、それだけの価値ある?
スロージューサー(低速ジューサー)を使うメリットとデメリット

スロージューサーのメリット

  • 何より美味しいジュースが飲める!また飲みたいと思えるから続けられる!
  • 熱に弱い酵素やビタミン、ミネラルなど栄養素まるごと!酸化も少ないジュースが飲める
  • そのまま食べるより栄養の消化吸収率がいい!約3.8倍という研究結果も!
  • ミキサーや高速ジューサーより明らかに動作音が静か!
  • 野菜や果物の色素・皮などに多く含まれる栄養素やファイトケミカル(ポリフェノールなどの抗酸化物質、その他健康に役立つ成分)が摂れる

デメリット

  • 高速回転のジューサーやミキサー、ブレンダーより値段が高い
  • ミキサーにはない搾りカスが出る
  • 材料をまとめて入れて作ることができない
  • 部品点数がミキサー類よりも多く組立・分解が必要
  • 生なので当然ですが、脂容性ビタミンは期待できない(生ジュースは何で作っても)

スロージューサーは、美味しいジュースで野菜や果物の栄養を効率良く摂る方法の一つ

スロージューサーで作るジュースは、コールドプレスジュースとも呼ばれ、お店で飲むと1杯1,000円くらいします。素材の栄養素や酵素をまるごと摂れる!そんなジュースが自宅で作れます。

値段は高いですが、ミキサーなんかよりも断然美味しいジュースが飲めるという点だけでも、値段だけの価値がありますよ。

ミキサーでジュースを作って飲んだ経験があるなら、その差は歴然。同じ素材でここまで違う?と思うくらい美味しい!水を加えずにジュースにできますし、子供も催促するくらいです。

無理して飲まなければならないジュースじゃ続きませんし、そんな家族の姿を見るために作るのも嫌ですよね?

高速ジューサーやミキサーを買っても、ジュースがマズければ使わなくなるだけです。

しかも、素材の栄養もまるごと搾ったジュースです。体のために、無理して飲まなくてはならないジュースと違い、美味しいからまた飲みたくなるし、身近な野菜や果物のジュースで毎日の健康維持に役立ちますから、安いという人もいます。

気になる搾りカスやお手入れはどうなのか?

搾りカスの正体は?

搾りカスが最初は気になると思いますが、その成分は不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は、消化吸収されず、便のカサを増してくれますが、便秘の人や、胃腸が弱っている時や胃腸が弱い人は、悪化したり、負担になることがあります。

スロージューサーなら、搾りカスとしてほとんどが出るので、ジュースから摂りすぎる心配がありません。

もったいないという方は、レシピが付いているので料理にすることもできますが、毎日作れば、量も多くなるので、使いきれずどうしても捨ててしまうことになるので、そういうものと割り切るしかないと思います。

もう一つの食物繊維、水溶性食物繊維はジュースで摂ることができます。

水溶性食物繊維は、おなかの調子を整えたり、便通向けのトクホなどにも使われている成分で、難消化性デキストリンなどが有名ですね。

スロージューサーで作った人参ジュースを飲んで、比較的最初に実感する人が多いのが朝のスッキリです。

お手入れの面倒さは慣れと個人差がある

購入前に悩むのがお手入れや使いやすさ。部品点数が多くて、組み立てや分解して洗うのは面倒という方もいますが、慣れれば簡単。

個人差はありますが、それさえも面倒、という方は手作り自体が向いていないかも。

使うのが面倒そうに感じるスロージューサーですが、実際に使うと、できるジュースの美味しさに洗浄やお手入れも気になりませんよ。

それに、こびりつくような汚れではなく、流水でほとんどが落ちる汚れですので洗うのもカンタン。

生で飲むジュースを作るものですから、カスが取れずカビが生えたりしたら嫌ですし、やっぱり衛生的に使いたいですよね。

スロージューサーは、刃物を使っていないので、安心してしっかり洗えます。

スロージューサーはこんな方にオススメ!

  • 野菜嫌いや野菜不足が気になるけど、市販のジュースじゃ栄養が…
  • プチ断食やダイエット、ジュースクレンズをしたい方
  • 野菜や果物を食べたい、食べさせたいけど、歯が弱い方
  • サプリにはちょっと抵抗がある方
  • 生野菜だけじゃレシピが・・・という方にも!

スロージューサーどれにする?
オススメはコチラ!